今後の日本社会、とくに人手不足の地方社会において、外国人をどのように受け入れたらいいのでしょうか。名古屋・岐阜エリアは製造業、縫製業などの工場、そして外国人技能実習生が特に多く、日本の労働問題の最先端とも言えます。
NHK「クローズアップ現代+」が追い続けてきた外国人労働者問題について、全国各地の取材を元に、制作者が語ります。

イベント詳細

内容
『外国人労働者をどう受け入れるか 「安い労働力」から「戦力」へ』(NHK出版新書)刊行記念トーク
日時
2017年11月4日(土) 14:30開場 15:00開始(約2時間を予定)
場所
ジュンク堂書店ロフト名古屋店 7F ブックサロン
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-18-1
地下鉄東山線 栄駅 サカエチカ7・8番出口より南へ徒歩7分
地下鉄名城線 矢場町駅 5・6番出口より西へ徒歩5分
参加方法
参加料:無料 地下1階レジカウンターまたはお電話にてご予約をお願いします。詳しくはイベント詳細ページをご覧ください

プロフィール

板垣淑子(いたがき・よしこ)
2017年6月より、NHK名古屋放送局報道部チーフ・プロデューサー。1970年生まれ、1994年NHK入局。NHK報道局・社会番組部「クローズアップ現代+」などを経て現職。
過去の主な担当番組に、「ワーキングプア」(2006、ギャラクシー賞大賞受賞)、「無縁社会」(2010、菊池寛賞受賞)、「老人漂流社会」(2013~2016)ほか多数。