♪ La rabbia dei secondi
  二番手たちの怒り

― Coez ―
1983年生まれのラッパー。2007年に結成された8人組のHIPHOPグループBrokenspeakers(ブロークン・スピーカーズ)に所属していたが、2009年からはソロとしてもデビュー。2013年にグループとしての活動を休止してからはソロに専念している。2013年に発表したソロ2枚目のアルバム“Non erano fiori”(それは花ではなかった)がイタリア・チャートでトップ10にランクイン。以降、2015年のアルバム“Niente che non va”(うまくいかないことは何もない)は2位、そして2017年の最新アルバム“Faccio un casino”(グチャグチャにしてやんぜ)も3位とヒット。最新アルバムからシングルカットされた“La musica non c’è”(音楽はない)では、ついに1位を記録する大ヒットとなる。ラップはもちろん、メロディー・メーカーとしての才能もあり、リズムをうまく活かした歌い方で独自のスタイルを確立している。

文・野村雅夫

Buongiorno a te che c’hai la faccia pulita
おはよう お前は今日もきれいなお顔
che nella tua vita
きっと人生で
non hai visto mai una salita
登り坂なんか見たことないんだろう
e la prima che incontri sarà tutto più chiaro
いつか登ってみりゃわかるさ
a volte esiste il dolce a volte esiste l’amaro
人生 甘いばかりじゃない
時には苦くもあるんだって

Pesa la solitudine dei numeri primi
一番手のやつらの孤独は重たかろうが
sì ma la rabbia dei secondi è anche peggio
二番手たちの怒りは よりたちが悪い
Ci ho fatto l’abitudine
俺はそれに慣れちまってる
Ora sorridimi,
ほら 笑ってくれよ
siamo così in basso che non può andare peggio
俺たちはどん底 もうこれより下はないんだぜ


Buongiorno a te, a te, a te
おはよう お前は
numero uno
ナンバーワン
Dovrai fare i conti con la rabbia dei secondi
二番手たちの怒りを甘く見るなよ
Dietro di te, di te, di te c’è un numero uno
お前の後ろ 次のナンバーワンが控えてる
Farai i conti con la rabbia dei secondi
俺たちの怒りにいつか足元をすくわれるぞ

C’è chi vuole un motore c’è chi vuole una Lambo
車なら何でもいいってやつもいれば 
ランボルギーニが欲しいやつもいる
A chi basta il tuo cuore, chi ti abbassa la lampo
恋はプラトニックってやつもいれば 
すぐにチャックを下ろすやつもいる
E chi fa il mio lavoro per restare bambino
音楽を無邪気に楽しむ俺みたいな
やつもいれば
c’è chi lo fa per essere il primo
ナンバーワンじゃなけりゃってやつもいる
Dal finestrino di un aereoplano
飛行機の窓から見る世界は
il mondo è più bello che da quello di un camion
トラックから見るよりも美しい
ed ogni volta che sali sù poi torni giù
でも 飛び上がった飛行機は
また下りてくるんだ
quaggiù
この地面に

★繰り返し

La fine dov’è?
終わりはどこだ?
Mi chiedo se c’è un punto d’arrivo
ゴールなんてあるのか

È una vita che lotti
お前の人生は戦ってばかり
È una vita che corri
お前の人生は走ってばかり
per essere il primo
ナンバーワンでいるために

L’arrivo dov’è? Dov’è? Dov’è? Dov’è? Dov’è?
ゴールはどこだ?
E il primo dov’è? Non c’è, non c’è!
そして一番手はどこにいる? 
いない いないじゃないか!

★繰り返し

Buongiorno a te, a te, a te
おはよう お前は
numero uno
ナンバーワン
Dovrai fare i conti con la rabbia dei secondi
二番手たちの怒りを甘く見るなよ
Dietro di te, di te, di te c’è un numero uno
お前の後ろ 次のナンバーワンが控えてる
Farai i conti con la rabbia di chi non è stato mai nessuno
取るに足らないやつの怒りに
いつか足元をすくわれるぞ


LA RABBIA DEI SECONDI
Words by Silvano Albanese
Music by Stefano Ceri
(C)by PEERMUSIC ITALY SRL
International copyright secured. All rights reserved.
Rights for Japan administered by PEERMUSIC K. K.

LA RABBIA DEI SECONDI
by STEFANO CERI and SILVANO ALBANSE
(C)by CAROSELLO ED. MUS. E DISC. C. E. M. E. D. SRL/ STAR SRL
ED. MUS.
Permission granted by FUJIPACIFIC MUSIC INC.
Authorized for sale in Japan only.

歌詞対訳:有北雅彦(京都ドーナッツクラブ)

[NHKテキスト]旅するイタリア語 2019年2月号掲載 ※転載はご遠慮ください