絵本や映画などをとおして、世界中の子どもたちに愛されるピノッキオ。 カルロ・コッローディによる原作『ピノッキオの冒険』を、栗原俊秀先生のオリジナル訳でお届けします。
『ピノッキオの冒険』の原作は実に全36章の長編です。本連載では、より印象的な章を優先して取り上げます。
4〜7月号は第4章、8月号は第8章、9月号は第9章、第10・11章は省略し、10月号では第12章を途中まで読みすすめ、11月には第15章で物語がひとつの山場を迎えました。今月は、第16章を省略して第17章をご紹介していきます。
この連載の対訳を、イタリア語の朗読音声を聴くことができます。
音声の視聴にはテキストに記載された今月のIDとパスワードが必要です。

● ピノッキオの冒険

[訳・脚注]栗原俊秀 /[朗読]マルコ・ズバラッリ /[イラスト]カルロ・キオストリ
栗原俊秀(くりはら としひで)
1983年生まれ。翻訳家。訳書に、ジョン・ファンテ『満ちみてる生』(未知谷)、フェデリーコ・マリア・サルデッリ『失われた手稿譜』(共訳、東京創元社)など。2016年、カルミネ・アバーテ『偉大なる時のモザイク』(未知谷)で、須賀敦子翻訳賞を受賞。

2018年12月号掲載 ピノッキオの冒険 第17章[公開期間:2018年11月〜2019年12月末まで]

(1)

(2)