大西先生と番組パートナーのクリス&ろーざからのメッセージ動画をお楽しみください。

2019年9月号

「駅への道を教えてもらえますか?」


■今月のテーマ:基本動詞の征服(4)

「教える」を表す動詞、例えばteach、educate、instructなどありますが、「駅への道を教えてもらえますか?」は、この例文でどんな動詞を使いますか?

 Can/Could you (    ) me the way to the station?
  • まずteachを使うとどうでしょうか? ろーざさんがクリスに尋ねていますよ…。あらら、クリスは道の歴史から話し始めてしまいましたね。teachはある程度複雑な内容について時間をかけて教えるときに使う動詞なのです。
  • ここでは簡単にtellで十分なんですよ…。
    Could you tell me the way to the station?
    ほら、今度は駅への道がすぐにわかりましたね。tellは「メッセージを相手に伝える」という動詞です。
さあ今月も、日本語訳にしばられない単語のイメージをしっかりつかんでいきましょう!

2019年8月号

「ツナサンドを買ってきて食べた」のgetの使い方を見てみよう!


■今月のテーマ:基本動詞の征服(3)

今月も基本動詞を学習します。このテキストおまけ動画ではgethaveの使い方を比べてみましたよ。

ランチのあと、「何食べたの?」と聞かれて…
クリス  「I got tuna sandwiches.」
ろーざ  「I had tuna sandwiches.」
gethave、動詞が違いますね。have(had)だと動きが感じられないため「ツナサンドでした」ですが、get(got)には動きが感じられるため「動いてツナサンドを手に入れました・買ってきました・食べました」ということになるのです。
今月はほかにも、give、helpとsave、lookとwatchやseeについて学習します。お楽しみに!

2019年7月号

「含む」と訳されるcontainとincludeの違いを見てみよう!


■今月のテーマ:基本動詞の征服(2)

今月も基本動詞を学習します。このテキストおまけ動画ではcontainとincludeの違いを紹介しますよ。

ろーざさんがお茶を頼むシーンでは、
Does this tea contain caffeine?(このお茶にカフェインは含まれていますか?)
と、containが使われています。そして後半で、
The price including tax is ...(税金を含んだ金額は…)
と、includeが使われています。
どちらも「含む」と訳される動詞ですが、使い方が違うんです。
containは「中に入っている」がイメージされています。一方includeは「リスト」がイメージされる動詞です。
放送とテキストでそれぞれのイメージを理解して使いこなしましょう。

2019年6月号

come、go、bring、takeの使い分けを見てみよう!


■今月のテーマ:基本動詞の征服(1)

今月から新しいトピック「基本動詞」に入ります。英会話は、単語をポツポツと言うだけでもできますが、言いたいことを正確に伝えるには「文」を作らなければなりません。そして文作りの要は動詞にあります。今月は「移動」「変化」「配置」を表す動詞を主に解説していきます。

このテキストおまけ動画では、
What time are you coming?
I’ll bring some wine.
I have to go.
Take this bottle with you.
という表現を使っています。どんな使い分けがあるか、見てみてくださいね!
では、今月も私たちと一緒に頑張っていきましょう。

2019年5月号

listen for(聞き耳を立てる)とlisten to(聞いている)の違いを理解しよう!


■今月のテーマ:前置詞のイメージの完成

今月はさらに深く「前置詞」のイメージに分け入りましょう。前置詞の選択は非常に感覚的に行われています。ネイティブスピーカーのイメージがわかれば、今まで不思議だったたくさんの「なぜ」が氷解し、表現を自由に使えるようになりますよ。今月は、for、to、of、withなどについて学習します。
さあ今月も私たちと一緒に頑張ってきましょう!

2019年4月号

among と between のイメージを理解しよう!


■今月のテーマ:英単語は日本語訳では語れない

日本語訳を超えた単語の感覚が、皆さんの英会話を大きく育てます。今月はまず「前置詞」の感覚(イメージ)について詳しく学習していきましょう。前置詞はとても繊細で、正しく使うのが難しい単語ですが、イメージをしっかりつかめば大丈夫。初回である今回は「前置詞は日本語訳の暗記に頼るのではなく、感覚的に学習する必要がある」ことを学びます。
きっと楽しんでいただけると思いますよ!